食事中の阻噂(そしゃく)は力一杯噛む訳では有りませんが、食事の度に何十回、何百回と阻噂を繰り返すため歯にはかなりの負担が掛かります。天然歯にはこうした負荷が掛かっても何十年も耐えていける様な構造や機能が備わっていますが、入れ歯やブリッジでは天然歯程の耐久性は有りません。

これは天然歯には存在する歯根が無いなど構造上大きな違いが有るからです。

 

一方、インプラントでは天然歯にある歯根膜が無いなどやはり構造上に違いは有りますが、埋入後のメンテナンスを適切に行えば、耐久性や噛み心地など、天然歯とほぼ同様の性能が期待出来ます。

 

食事中に歯(天然歯)が噛むときの力は次の通りです。

 

歯の種類 噛む力
天然歯 噛む圧力は20~30歳の男性の奥歯で約60kg
女性では約40kg
入れ歯 部分入れ歯:天然の歯の30~40%、総入れ歯:10~20%
ブリッジ 天然の歯の約60%程度(ただしブリッジをかける歯の状態によります)
インプラント 天然の歯とほぼ同じ

 

 

下記の図は天然歯とインプラントの構造比較をしたものです。

インプラント体が歯槽骨にしっかりと装着していますので噛む力も天然歯と同程度発揮出来ます。

 

20160128