【治療について】一般歯科(虫歯治療)

トップへ » 治療について » 一般歯科(虫歯治療)

一般歯科(虫歯治療)

当院の一般歯科では、被ばく量の少ないデジタルレントゲンをはじめ、コンピューター制御による麻酔注射器やレーザーなど、無痛治療を実現する様々な設備と技術により、患者さまに正確で負担の少ない歯科治療をご提供しております。

虫歯は風邪につぐ一般的な病気で軽視されやすいのですが、悪化すると様々な合併症をおこし、歯そのものを失ってしまうことも少なくありません。他の病気と同じく虫歯も早期発見、早期治療が大切です。

患者さまへの負担の軽い治療をご提供することで、診察室の敷居を下げ、気軽にご来院いただきやすい歯科医院であることに努めていますので、自覚症状のない方でも、この機会にぜひ、当院で診察を受けていただくことをおすすめします。

なるべく削らずに治療いたします。

当院では、高度先進医療に承認されているレーザーとフッ素を用いた虫歯の進行を止める治療によって、むやみに患者さまの歯を傷つけることがないよう心がけております。特に小さな虫歯はほとんどの場合、この治療方法で完治させてしまうことが可能です。

また診察についても「ダイアグノデント」という最先端機器を使い、測定器を歯の表面を滑らせるだけで、歯の内部の虫歯やレントゲンや肉眼では発見できない小さな虫歯を発見し、自覚症状のない初期の虫歯でも進行しないように処置しております。

大切な患者さまの歯をお守りするため、虫歯が虫歯ではなくなる治療をご提供しておりますので、「歯医者さんが苦手」という方も安心してご来院ください。

なるべく痛くない治療を行います。

なるべく痛くない治療「歯医者さんが苦手」と思われるその原因のほとんどは、治療による痛みや不快感にあると思います。当院では、患者さまが少しでも快適に治療を受けていただけるよう、歯科医院での痛みを極力排除する努力を行っております。

特に、当院の麻酔技術は来院されるどの患者さまからも高く評価されております。注射前の表面麻酔にはじまり、35年間「無痛治療」を研究し続けた院長の麻酔注射テクニックにより、痛みをほとんど感じることはありません。

また、注射器もコンピューター制御による痛みを感じにくいものを採用し、ゆっくり丁寧に行っています。長年、歯科治療の痛みと向き合ってきたからこそご提供できる当院の無痛治療。痛みに弱く治療を躊躇してきた方でも、安心して当院にお任せください。

虫歯の段階

C1

C1

痛みがほとんどないですが、エナメル質と呼ばれる歯の表面が少し黒くなります。自覚症状がほとんどありませんので、この状態で自分で虫歯を発見するのは難しいです。

C2

C2

C2は表面からでなく中にまで虫歯が進行している状態です。症状は冷たいものが染みる程度で、この状態でしたら治療はおおよそ3回で終わることが多いです。

C3

C3

C3は冷たいものだけでなく温かいものも染みます。この状態から「虫歯かな」と自覚する人が多いようです。また見た目にもはっきりと歯に穴が開いていることがわかります。

C4

C4

C4は歯の神経が死に、痛みそのものを感じなくなります。痛みが消えることで、虫歯に関心がなくなり放置する人もいますが、その間にも虫歯は着々と進行しています。激しい痛みと高熱が出ることもありますので、お早めに治療してください。

カウンセリングをおこなっております

私たちにご相談ください。

PAGE TOP