医療における治療では患者様の体に痛みや長期治療などの犠牲をかけてしまいます。

例えば、採血では注射針を患者様に指す痛みが生じたり、レントゲン撮影ではX線による被ばくなどの体に有害な負担をかけてしまいます。身体に負担をかけることを侵襲と言います。

可能な限り低侵襲な治療を心掛けています。

例えば、神経はなるべく残し、歯もなるべくなら抜かない治療を行います。

何らかの理由で歯を抜歯しなければいけない場合でも、可能な限り自分の歯を保つことを一番に考えて治療方法を考えます。やはり、ご自身の歯が一番ですよね。

治療の方法を決める時は、自分の家族ならどの様な治療を行うかを考えて行います。患者様は家族と同じですよね。

 

予防歯科が大事ですリンゴ

歯が痛くなる等、何らかのトラブルが生じた場合に患者様は歯科医院に来られます。
この場合症状に応じて治療を行いますが、場合によっては抜歯することも有ります。

できればもっと早い段階で、予防に力を注ぐことで抜歯は避けられるかも知れません。

なるべくなら治療を行わず、予防に重点を置き、口腔内の健康を保つことが重要だと考えています。